自宅をリフォームする場合はどうすればよいか?【見積りの取り方】

はじめての自宅リフォーム

リビングを改装

自宅をリフォームする際には複数の会社から見積りを取ります。

さて、リフォームにもいろいろありますが、一戸建ての場合には10年程度で屋根や外壁を手入れするのは最低限必要なことです。

屋根や外壁は一年中、雨風にさらされており、猛暑や雪にも耐えているのですから、当然のこととして劣化があります。

この手入れを怠ると家屋の損傷が大きくなるリスクが増大します。

家屋の大きさによって、リフォームの料金は異なりますが、平均的な家屋でも数十万円から百万円以上はかかります。

この料金を節約することは、家屋の寿命を縮めることになるのです。

大手のハウスメーカーは建築から10年程度を経過するとメンテナンス部門から案内を送付します。
また、営業の担当者が訪問することもあります。高額な出費になりますので、複数の業者から見積を取る人が多いです。

建築したハウスメーカー以外に発注することも可能です。

しかし、見積で注意したいのは、金額だけを重視しないことです。

例えば、外壁の塗装は塗料によって価格が大きく異なります。安い塗料は耐久性に問題がある場合もあります。

次回の手入れまでの期間も短くなる可能性があります。したがって、必ずしも価格が全てではありません。

しかし、素人では品質までは判断できないのが実態です。そのため、最終的には企業の信頼で大手に発注する人が少なくありません。

大手であれば、しっかりした仕事をしてくれるという信頼感があるからです。

 

リフォーム代を安くする方法

電卓とOL

最後にお得な情報を1つご紹介しておきます。

リフォームをしたお家にお引越しをする人もいるかと思います

リフォーム代を直接安くする方法ではありませんが、お引越しするなら引越し侍を使いましょう。
断然、引っ越し料金が安くなります。

本当です。
わたしは6万4千円もやすくなりました。

ぜひ相見積もりでお引越しを安くできる無料サービスをご活用ください。

リフォーム代を相見積もりで安くするなら、「ホームプロ」を使うのが大正解です。
わたしの場合は、ホームプロ以外は信用していません。

ホームプロに興味のある人は、「ホームプロ 口コミ」などで検索してみると、参考情報が出てきますので、今すぐ検索してみましょう。

かなりお得なサービスだというのがわかると思いますよ!

 

自宅のリフォームを成功させるには

戸建て住宅のリフォーム完成

リフォームの依頼先は専門業者や工務店、設計事務所などたくさんの業者が考えられますが、工事を成功させるためには業者選びが重要になってきます。

業者によってプランニング能力が異なりますし、施工技術や施工品質も異なるのが普通です。

成功の条件は、施工品質求める場合もあればプランニング能力に求める場合もあります。

何を成功とするかは人によって異なってきますが、そのためには工事内容にあった業者を選ぶことが大切なのです。

工事内容にあった業者選びには、まずは業者に見積もりを出してもらうことが大切です。

工事によっては専門性の高い内容もありますし、技術に関係なく誰でも工事ができる内容まで様々なものがあります。

専門性が高いといっても、その分コストもかかるのが一般的ですから、完成形と金銭面の負担をじっくりと検討していくことが大切なのです。

リフォームにおいてもコストパフォーマンスが重要になってきますので、技術や品質と共に低価格を実現できることも重要なポイントになるのです。

設計事務所に依頼した場合にメリットは、デザインや設計プランの内容にレベルの高さを求めることができますので、こだわりのプランを実現しやすくなります。

一方で施工を行うのは工務店となりますので、工務店の施工技術や品質管理も重要なのです。

壁紙の張り替え一つとっても技術力の差は大きく表れてきますので、信頼できる工務店を探すことが大切なのです。

信頼できそうかどうかは、口コミや評判を調べてみたり、見積もりを出してもらったりすると見えてきます。

リフォームは古くなった内装や設備機器を新しいものに交換することを言いますが、さらに満足度を高めるにはリノベーションも良い方法となります。