中古住宅のリフォームってどう?失敗か?やはり新築を買うべきか?

中古住宅を買ってリフォームをするのと新築を購入するのではどちらが良いか迷うひともおられるかも。ここでは中古住宅を購入してのリフォームについての注意点などもご紹介します。

中古住宅を購入してリフォームについて

中古住宅をリフォームして住むのがブームのようです。
中古住宅は新築と比べるとめちゃくちゃ安いです。
また、駅から近い場所など、立地の良いところに安い価格で購入することができます。

安く中古住宅を購入して、リフォームすれば家の中はまるで新築なので、安くてキレイなお家に住めるのですから当然のブームなのかもしれません。

ただ、気をつけなければいけないのは、排水管などの劣化です。

マンションなどリフォームをするとしても、共用部分の排水管までリフォームができないので、どうしても見えないところに不具合が出たりします。

また、まどのレールが古くて締まりが悪いなんていうのもあるかもしれません。

このような点には中古住宅は注意です。

さて、近年の核家族化・高齢化社会に伴い、空き家に関する問題が増えてきています。

住人が亡くなったり、ケアホーム等に移り住んだ後、そこに住む人も管理する人もないまま朽ちていく空家が問題となっているのです。

放っておけば、犯罪の温床となることも考えられますし、朽ちて崩れた家は近隣の住人の迷惑にもなります。

空家のままになっている原因としては、税金対策が考えられます。

空家を崩して更地にしてしまうと、住宅が建っていた時と比べてかなり多くの固定資産税がかかってしまうのです。

取り壊しの費用に加えて、それまでよりも多くの税金がかかるとなれば、空家のままで保有しておくほうがいいという結論に至ります。

しかし、目先の損得だけで空家をそのままにしておくというのは、精神衛生上あまりいいものではありません。

また、近隣の人々に危険を及ぼすかもしれないという危険性もはらんでいます。

このような空き家問題を解決する有効手段として最近注目されているのが、リフォームという考え方です。

中古住宅の古くなって機能しなくなった部分や、使い勝手の悪い部分に手を加えて再生させることで、新しい住宅として蘇らせて住むという選択をする人が増えてきています。

これにより新築で建てるよりもずっと安く費用を抑えることができます。

また、新築にはない温かみや歴史を感じることもできますし、自分のライフスタイルに合わせてカスタマイズしていく楽しさもあります。

以上のように、中古住宅のリフォームというのは、空家問題の解決と同時に自分らしい暮らしを実現させる方法でもあるのです。

 

リフォームの利便性について

家の内装を変えようと思ったことがある人はいるのではないでしょうか。

家は長年住んでいたら、どうしても汚れてしまったり古くなってしまったりする場合があります。

そういった場合には、リフォームをすることが理想とされています。

新築みたいに内装を変えることができますので、気持も一新しますし、最初の頃みたいな新鮮な雰囲気を味わうことができるので非常に魅力的なものになっています。

最近では、見積もりから何まで全てを任せてくれる場所もあります。つまり、自分たちは何もしないで全てをお任せにするのです。

それができれば非常に有難いと思いますよね。

実際にそれができるようになってきているので、最近では、リフォームをする人が増えてきています。
事実、引越しをするよりも、家をそのままで内装をキレイにしたほうがお金は掛かりません。

そのように考えれば、内装の改装のほうが遥かに良いとされています。

それが多くの人が利用するキッカケでもあるし、利便性の一部にもなっています。

さらに、これをする理由として挙げられるのは、気分転換になれるという点です。

ずっと同じ中身の家だと、途中で飽きてしまうことも考えられます。

それを改善させるために行う人もいます。

これをすることで、以前のようなキレイな家を過ごすことができるので、気分転換になるだけでなく、家族との時間をより一層大事にしたり、健康に過ごすことができたりと、住んでいる人までリフォームしてくれるのです。

雨漏り、水回りのカビは、即リフォームが必要だ!急げ!

雨漏りしてるなら即リフォームせよ。なんで?聞くまでもないでしょう。行動が遅くなればなるほどリフォーム費用はドンドン高くなる。雨漏りは怖いよ!

雨漏りリフォームは即行動せよ!

天井の雨漏り

自己が所有する住宅に長い間住んでいると、いろんなところに不具合が生じます。

たとえば、雨漏りが激しくなって来たり、水回りでカビなどが発生したり、さらに床や壁が壊れ始めたりするようなことです。

これは経年劣化のことを考えると、避けられないことなのですが、本来住宅が建てられた当初はこのような問題は発生しなかったのです。

そこで建てられた当初に、本来要求されていた住宅としての性能に近付ける改修工事のことを、リフォームといいます。

この工事を行うことで、長年住んでいる住宅の不具合を修正することが可能になり、さらに現在の住環境に求められる設備なども導入することが可能になり、その住居自体の寿命を延ばすことが可能になるのです。

最近の住宅は長寿命を謳ったものが出てきていますが、やはり保証自体は、長くないですし、住環境はいろいろですので、購入するときから、リフォームの計画を作っておくのが、賢い住宅購入の方法とも言えます。

さて大規模に工事を行うことも一つの手段ですが、できれば数年ごとに、手入れをするような感覚で、小さなリフォームをすることで、大きな問題が発生する予兆を、発見することもできるのです。

また工事を行う業者の力量を見極めるという点でも、小さな工事を行うことは、有効な手段なのです。
このように住宅の本来持っている性能を取り戻すだけではなく、さらに長い間住めるように、改良することでもあるので、購入するときには、計画を立てておくことも忘れないようにしたいものです。

雨漏り、水回りのカビなどは早めにリフォームしましょう。

 

住宅設備メーカーの提案する住宅のリフォームプラン

統一感のあるキッチン

雨漏りや水回りのカビなどでリフォームをするとなれば、同じメーカーの設備を使ってリフォームをするのがオススメです。

なぜなら、統一感があって美しいからです。
自宅のリフォームではすべての設備を同じメーカーの製品から選ぶことで、統一感のあるイメージを実現することが出来ます。

そこで人気のある住宅設備メーカーのショールームを訪れたり資料を取り寄せることで、実際に自宅を改造するときの参考にする方法もあるのです。

また更に計画を具体化するときには、実際にメーカーの提案するプランを参考にする方法もあります。
特にマイホームのリフォームの中でも人気があるのがキッチンに関するものですが、単に調理や家事を効率的に行うのではなくて、家族との対話も実現できるようなプランから選ぶ必要もあります。

そして実際にプランを選ぶときには、これまでの施工事例を参考にすることで、具体的なイメージを膨らませながら理想的なキッチンにすることが出来るのです。特に実際のキッチンの施工事例としては対面式キッチンへの改造や、更に収納スペースの充実が重視されているケースが多いのです。

またキッチン同様に人気のあるリフォームとしては浴室に関するものがあり、特に快適性を重視したプランやバリアフリーを実現できるプランの人気が高いのです。

快適性を重視するときには浴室のスペースを拡張するプランがあり、更に冷めにくい浴槽への交換を行うことで快適に入浴が楽しめるのです。

またバリアフリー工事では段差をなくしたり手すりの設置も重要ですが、出入り口を拡張したり車椅子でも入浴しやすいような浴槽を選ぶなどのプランも注目されています。

何度もいいますが、最後に大切なことをお伝えします。
特に雨漏りがあった場合は、早急にリフォームをすることが大切です。
遅くなればなるほど、リフォーム代は驚くほど高くなるからです。

雨漏りの場合は、今すぐ行動しましょう。

介護することを念頭に置いたリフォーム、風呂やトイレをどうするか?

介護リフォームについて語ってみる。介護リフォームの予算、費用なども。

介護に適した住宅のリフォーム

介護に適した住宅リフォーム

高齢者社会で一人暮らしをしていたご両親との同居を考える人も多いです。

その際に高齢者のお世話や高齢者ができるだけ自立して動けるように配慮した住宅のリフォームもいろいろな提案がなされています。

介護について一番大変なのはトイレとお風呂です。

今は介護保険などでそういった施設で入浴の介助などもしてくれるケースもありますがまだ自立して歩ける高齢者であるのならば出来るだけ自分でお風呂にも入りたいと言う要望を持っています。

そういった自立を応援する家づくりは介助者だけでなく、介護される側も頑張れる原動力になっています。

そして高齢者が住む住宅のリフォームはバリアフリーにすると言う点で最大20万円(ただし1割は本人が負担する金額)が公的に補助を受けることができます。

お風呂に関してはユニットバスなどを取り入れることによってはめ込む形で工期も短くまた一体化していますのでお掃除も楽です。

バリアフリー住宅は税金の面でも優遇されていますので、最近ではマンションなどはあらかじめトイレやお風呂場などは手すりがついた状態で売られていることが多いです。マンションなどはほとんどがユニットバスの工法ですのでバリアフリーについてもいろいろとよく考えられたものが多いです。

そしてバリアフリーだけでなく。冬場の急な温度差による心臓発作などを防ぐためのお風呂場の温度設定が出来たりしています。温

度設定の中には浴室乾燥なども含まれていますので雨が続いても大きな乾燥室としてお風呂を使う事で部屋にジメジメも残りません。介護する側もされる側も嬉しいリフォームをいろいろな会社が提案しています。

介護リフォームで新たな一歩を

家も長く住んでいると、使い勝手が悪いことに気づいたり、新しいキッチンスタイルができたり、年を重ねて、住みやすいバリアフリーな家にリフォームを検討するようになったりします。

介護を考えると特にいろいろと住みやすくリフォームする必要が出てきます。

マイホームを持った時のワクワク感が再びやってくるような気持になりますね。

新しいキッチンにしたり、お風呂の床が段差のないフラットなっていると、お年寄りにも子供にも優しいですね。

最近では、地震などの災害の影響から、耐震住宅をお考えの人がおおいです。

また、自然環境重視であったり、化学物質によりか過敏症なども増えています。

また、自然エネルギーについても注目が上がっています。太陽光発電をとりいれ、家をオール電化にすると、エコで経済的である場合があります。

リフォームを計画するうえで、新生活への夢と一緒に大事なのが費用です。

水回りの場合の大体の相場が、システムキッチンのコンロの入れ替えは10万前後からです。
システムキッチンを交換する場合は50万からの予算になります。

お風呂場のユニット入れ替えであれば30万くらい、ユニットバス全体をそっくりかえる場合は100万円前後かかります。

介護に向かない風呂

また、見た目をデザイン性良くすると、さらに数十万見込んで検討します。
機能重視かデザイン重視かで予算も費用が変わってきます。

些細な要望も、リフォームを依頼する会社にこまかに詰めて確認することがだいじです。
まずは、雑誌や本で夢を描くことが一番大切かもしれません。
イメージするだけで楽しくなりますね。

築13年の一戸建て住宅のリフォームについて

築年数の一戸建て住宅のリフォームについて語ってみた。

一軒家のリフォーム

私は約5年前に中古の一戸建て住宅を購入しましたが、私が購入した当時築8年というわりと新しい物件だったため、室内の壁紙だけをはり替えるだけのリフォームを行い、予算削減のために他は全く修繕せずに住むことにしました。

住み始めた頃は築8年ということもあり、リフォームをする必要を感じていませんでしたが、私が住み5年という月日が経つことで、水まわり部分を修繕した方が良いと思うようになってきました。

水まわりの交換時期は約10年ぐらいが望ましいと言われていることもあり、築13年経過した我が家はちょうど修繕時期だと思います。

水まわりと一言で言ってもお風呂や洗面所、トイレなどがあります。私的にはキッチンやお風呂の修繕は今のところ必要ないと感じますが、洗面所やトイレは13年間使用していることもあり、修繕が必要ではないかと私自身思います。

そのまま使用することも可能ですが私が入居した当時より、水の流れが悪くなっている感じがします。
特に洗面所は私の長い髪の毛を流したりすることもあるので、長い髪の毛が蓄積されることで、水の流れが悪くなっているのではないかと予測しています。

日々できるだけ髪の毛を流さない生活を心掛けていますが、自然に流れていってしまうときがあるので、全く流さないということは不可能に近いことです。

リフォームをするなら一部分をするよりも、まとめてする方が良いということを最近知ったので、現在自分が修繕したいと思う部分の見積りを業者に依頼しているところです。